東部・みさと最寄

食品ロスを減らす料理教室

左の写真は高崎市広報です。高崎市消費者センターの依頼で今年2回目の食品ロスを減らす料理教室を10月26日土曜日に開きました。

テーマは『残りがちな野菜を使い切って中華料理を作る』です。食べようと思って買ったのにいつまでも冷蔵庫に入っている野菜、ちょっと残ってしまった野菜を使って八宝菜風うま煮をメーンに ひじきのマリネサラダ・杏仁豆腐を作りました。

 

講習会でお伝えしたことは

  • 手早くできて栄養バランス良く美味しい献立
  • 残りがちな野菜を無駄なく使い切るコツ
  • 調理して出た生ゴミや包材の量も意識してみる
  • 鍋や食器は環境を考えて古布で汚れを拭ってから洗う
  • 健康長寿にごはん食

 

受講生の感想

  • 友の会の近くに住んでいてはじめて来ました。他の会の料理講習に参加したけれど、今日は食品ロスだけでなく、味や献立の勉強にもなり、良かった。ひじきのマリネはサッとできて美味しかった、家でも作りたい。
  • ピーマンの種、人参の皮など気にならず簡単で美味しかった。
  • アルミ鍋に材料を重ねて入れて蒸し煮するだけで沢山の中華風料理ができた冷凍できるので忙しいときに助かる
  • 食べた後、食器や鍋を古布で拭いて洗うなど、わかっていてもやっていなかったことが今日できた
  • 材料が多くて大変かなと思っていたが、班で教えてくれる人がていねいにわかりやすかったので、手を休める人なく思ったより早く出来上がった