たかさき子ども友の会

小学生募集のお知らせ

  みんなあつまれ!たかさき子ども友の会 新年度が始まります!

  自分で考えやってみる。いろいろな体験をして

  みんなで力を合わせて「生活力」をつけよう

 

ヨクミル・ヨクキク・ヨクスル

  • 野菜や植物を育てて観察・体験・発見
  • どうやるのかな?考える
  • 自分でできる力をどんどんふやそう

 

   友の会では小学生に5つのことを大切に働きかけています。

1. よい生活習慣を身につける

2. 生活力を身につける

3. 人のために力を出す

4. 感謝する心を育む

5. 表現 思いを伝える

日時  4月から月1回第2土曜日 10:00~11:30  (1・2月は第3土曜日)

    4/10   5/8    6/12   7/10    9/11  10/9     11/13  12/11    2022/1/15   2/19   3/12

場所  高崎友の会友の家(高崎市下豊岡町157-1)

費用  年間登録料 1000円(保険含む) 材料費など必要な時は集金します

子供読本を読書します。お持ちでない方には販売します。1430円

申込・問い合わせをタップしてください。

新型コロナウイルス感染防止対策に十分に対応しつつ、状況によってZoomなどの開催もあります


ダウンロード
たかさき子ども友の会チラシ表
たかさき子ども友の会094.pdf
PDFファイル 649.2 KB
ダウンロード
たかさき子ども友の会チラシ裏
たかさき子ども友の会裏095.pdf
PDFファイル 672.2 KB


『子供読本』をみんなで読みます。考え行動し、仲間とともに生活する力を育てていけるようにと願って活動しています。


婦人之友社から出版されている『子供読本』

自分で考える力が育つ

すべての子どもに手渡したい1冊 

既刊『羽仁もと子著作集第12巻子供読本』の中の「新選いろはかるた」をまとめた新しい1冊。

 

「力はでるもの出せるもの」「寝ていてころんだためしはない」「打てばひびく」「めんどうしんぼう」ーー。『子供読本 いろはかるた47話』は婦人之友社の創立者羽仁もと子が、子どもたちに「自分からすすんで行動すること」や「思いやりをもって人と接すること」を短いお話を通して伝えている1冊です。
毎日の生活の中で、苦手なことやたいへんなことがおきたときに、「自分はどういうふうに考えるか」「どんな気持ちを大切にするか」など、子ども自身が自分で考え、生きる力が育っていきます。生活習慣、学習習慣がしぜんと身につく子どものためのお話集。ふりがなつきなので、低学年から自分で読めます。心にずっとずっとのこる47話をぜひ、子どもたちに。 婦人之友社ホームページより

2020たかさき子ども友の会はこちら

2019たかさき子ども友の会はこちら

2018たかさき子ども友の会はこちら