2021 たかさき子ども友の会


2021.5.23

たかさき子ども友の会の皆さんへ 6月開催日変更のお知らせ

  • 6月12日を19日に延期します。コロナまん延防止措置の期間(5月16日~6月13日)終了後の6月19日たかさき子ども友の会を開催します。
  • 場所 高崎友の家
  • 時間 10:00~11:30
  • ヘチマの鉢を持参してください
  • 和紙を折って染めます。(整理箱に貼ります)材料費は後日集金します

19日欠席の場合は滝口までご連絡下さい

 

コロナ感染拡大の状況によってはオンライン開催の場合もあります。ご了承ください。

よろしくお願いします。

 


5月8日


プログラム

・読書「笑う門には福きたる」

・芽が出たかな?

・青菜たべましたか

・こづかい帳



出席 10 名( オンライン 参加7名 友の家で3名)係5名とオンライン係

5月に出されたコロナ感染拡大にともなう群馬県の外出自粛要請をうけ、5月の子ども友の会

はオンライン開催としました。オンライン環境がない子などは、友の家で参加も可にしました。

オンライン係さんが前日のリハーサルから全面的に協力してくれて、画面共有などたくさん取り入れて新しいチャレンジができました。

出席者一人一人の笑顔を画面で確認。「芽が出たかな?」では、家に持ち帰ったへちまと百日草

の鉢を手元に持って画面に登場。「百日草こんなに芽がでました!」「へちまはまだ」「百日草のなかに大きな葉っぱが」「それは朝顔では?」こんなやり取りが交わされ、スケッチも見せてうれしそうな子。さまざまな子どもたちの様子を皆で共有できました。

へちまは芽が出る適温は28度からということがわかり、また家に持ち帰る ことになりました。

へちまを育てて 、 環境にやさしいヘチマたわしを作りたいと期待していま す。 庭の小松菜の間引きの様子は、Iさんが 庭から Zoom を使って 実況中継。青菜の大切さは、間引いた小松菜や青梗菜、かき菜、大根葉など見ながらM.Sさんから伝えました。子ども達が作った目安の量のカードを活用しています。青菜を育てながら食への関心を育てていってほしいと思います。



4月11日


プログラム

・自己紹介

・読書「まかない種子がいつ生える」

・たねをまこう ヘチマ・百日草・小松菜

・春休みピカピカ大作戦

・こづかい帳つけた?



4月11 日(土) 10:00~11:00 出席 9 名(欠席 2 名) 係 6名 と総リーダー

朝来た子は、手の消毒、検温をすませ2階のホールで長テーブルにひとりずつ着席。

庭に出るときも密にならないよう2班にわかれます。さやえんどうの観察、種は3種類。小松菜は庭に、へちまは新聞紙を折ったポットにまきました。子ども達は一粒ずつ種をまくのに一生懸命。自分たちが蒔いたヘチマと百日草は、家に持ち帰って世話をして5月に持ってくることにしました。外に出たからといった安心感から密にならないよう気をつけていきたいと思いました。