❻クラウド家計簿 kakei+ 活用


クラウド家計簿 kakei+ 利用開始までの流れ

1)婦人之友社のkakei+ サイトへアクセス  https://kakei.fujinnotomo.co.jp/

2)ユーザー登録をします

  (仮登録⇒メール認証⇒本登録)

  • 全国友の会会員はアカウント登録画面で友の会名を入力
  • 2020年版家計簿を購入された方はお手元の家計簿についているISBNコードを入力すると年末まで無料で利用可能。
  • 初回登録時に無料期間が設定されてしまいますので必要事項は必ず入力してください。

クラウド家計簿 kakei+ をスマホ・タブレット・パソコンに導入する時推奨環境は以下のようになっています。確認をしてお使いください。

  • 動作環境【推奨環境】

Microsoft Edge 最新版

Google Chrome 最新版

Mozilla Firefox 最新版

Safari 最新版

iOS 11.3 以上

Android 5.0 以上

  • 登録したメールアドレス宛に認証メールが届きます。認証メールが届かないときは?

迷惑メールに分類されていない確認してください

携帯電話の受信設定でパソコンからのメールを受信拒否されている方は@fujinnotomo.co.jpを受信できるように設定してください。


2020.9.22

登録したつもりだけど、認証メールが届いていない❗という方

  • 婦人之友社からメールはお送りしているのに届いていないケースがかなり多く見られるそうです。
  • 認証メールが迷惑メールに分類されて迷惑メールのフォルダに入っていないかご確認ください。
  • docomo、au、softbankなどの携帯電話では、迷惑メールやスパム防止のためフィルタリングの設定がされていることがあり、この場合メールが正しく届きません。
  • 携帯電話のメール設定で @fujinnnotomo.co.jp を受信できるよう設定をお願いします。

認証メールのURLは24時間のみ有効のため、仮登録した情報はリセットされてしまいます。その場合、同じメールアドレスで再度「新規登録」ができるようになりました。わからないことがありましたら、婦人之友社へお問い合わせください。婦人之友社(03-3971-0101)


2020.5.27

まず、ユーザー登録からです。


これは私のアカウント設定画面(スマホ)

 三 これをタップすると目次

 

水色の下部分 左から

ホーム

当座帳一覧

ペン タップすると記帳(支出)

口座

ペンは重宝、ここで日々の入力完結します

 

アカウント設定ができたら口座を作ります。

現金

銀行口座

クレジットカード

電子マネー

など 

お金の出入りです


毎日入力するのは当座帳の支出・収入・口座のページのみです。

計算もグラフも自動です。


ペンをタップすると当座帳・記帳(支出)

  • レシート入力 (On・Off) (内税・外税)選択
  • 内訳(品名) 
  • 金額 
  • 数量 
  • 費目・項目は Ⅴ これをタップして選択  
  • 日付 
  • 出金元*  
  • 残高(自動計算)  
  • 記帳する(タップすること)

 


当座帳・記帳(収入) 

  • 入金先 Ⅴ これをタップして選択  
  • 金額  
  • 費目  
  • 項目  
  • 日付  
  • 記帳する

当座帳・記帳(口座) 

  • 金額  
  • 費目(口座の動き) 
  • 出金元 
  • 入金元 
  • 日付* 
  • 記帳する

2020.6.1

5月をつけた人は保存に挑戦

 

Kakei+のデータの保存は?

  • ホーム画面
  • 円グラフの下に当座帳があり、その下の
  • もっと見るをタップ

 


  • 当座帳・検索画面に移動する
  • 期間 ⇒ 2020年1月1日~2020年12月31日
  • このページの下の方に入金合計・出金合計・収支
  • そして ⇒ CSVエクスポート ⇒ タップ
  • ダウンロードのフォルダに
  • 20200601_export_registers.csv  というファイル名で格納
  • 日付はCSVファイルを作った日です

 

このファイルを使うと買物調べのまとめも楽にできます。

 


2020.6.5

レシート入力ON ⇒ 外税 ⇒ 差額調整の件を婦人之友社に質問しました。回答を頂きましたのでお伝えします。

外税にも差額調整機能を実装予定です。少しお待ちください。ご不便をおかけします。との事。

⊕⊖が出た時⇒レシート入力完了で記帳する ⇒ 当座帳一覧に戻っていると思うので ⇒ 高い金額の品を選ぶ ⇒ 左横の⊕をタップ ⇒ 詳細画面になるので下の方の編集をタップ ⇒ 金額を増減 ⇒ 調整できる  私は自力で調整しています。  


2020.6.6

教育費や衣服費は家族それぞれで分けて記帳してますが、それはできるかな?できました!!

費目のページで家計簿の構成を考える

費目

  • 追加は可能。友の会の場合、集計・照し合わせのため手書き家計簿の白欄の考えで取扱う
  • 減らすことは出来ないので表示しないを選択

項目

  • 追加は可能。
  • 減らすことは出来ないので表示しないを選択・並び替えを利用して頻度の高いものを上に

内訳

  • 項目と同じ
  • 内訳は細かく品名(外食は店名)が入っている。

予算を立てる時必要な項目・内訳です。わが家の家計簿になるよう考えて設定しましょう。あわてないで2021年の予算立てまでに構成が決まるといいと思います。

費目アシスト機能を活用 ⇒ 内訳をいれたら費目・項目は自動入力

但し内訳には基本的に平がなカタカナで入力するとプルダウンが出やすくなっている。食費以外の費目の内訳名は漢字も多用されている



2020.6.9

予算の設定について

生活家計簿では費目・項目・内訳・予算の設定・修正と同じ画面の中で自由に項目・内訳を追加したり、削除したりできました。生活家計簿の中でカスタマイズした項目・内訳にはFさんが書かれているように*(アスタリスク)のマークがついています。

 

Kakei+ではカスタマイズしたいけどできないとこれまで思っていました。それは¥予算の画面を開くと固定された項目が出てきて増やす事も減らすことも出来ないと思い込んでいたからです。しかも内訳などは出てこないと。

 

カスタマイズするのは費目の画面 でした。

費目の画面で項目・内訳を追加する、削除はできないので非表示にする。

当座帳 記帳(支出)の画面でプルダウンで早く表示させるには並び替えを利用する。

上の写真を参考にして下さい。